上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bangkok

ss-DSC_1125.jpg


ダウンコートが必要だった国から、灼熱の国タイへ。

着いたはバンコク。

水掛け祭りの翌日に到着という、寂しい幕開け。

38度の猛暑。


今回はホテルではなく、とても素敵なタイ人ご家族の家にお世話になる。
姉の彼氏が、以前タイに住んでいたので、親友を紹介してくれたのだ。

夜遅くの到着だったが、その親友パコーンは会ったことのない私の為に、
手書きのネームボードを用意し到着ゲートにて私を待っていてくれた。
大学1回生の時、初めてタイへ旅行へ来た時もこうやってガイドさんが迎えてくれた。
それ以来のネームボードに感激、思わず写真を撮る。


ss-DSC_0915.jpg


タイマッサージを覚えるべく学校へ。

約2年半ぶりのバンコクを走りながら学校へ向かう中、
タイ人の間をすり抜けながら、私が一番白いんじゃないかと調子に乗ったのもつかの間、
異様に背の高い女子、つまりレディボーイの方が白かった。
悔しい事実。


実は、到着翌日からの学校。
本来なら、ちゃんと学校を見学して吟味した後、申込をしたいところ。
ちゃんと覚えたかったので、日本人による日本語による授業を希望すると
学校が限られる上、授業にもスケジュールがあり、この日を逃すとどの学校も
私が受けたいコースは2・3週間後からのスタートとなってしまう。
バンコク滞在が2週間を予定すると、これはとっても大事。
カナダからスカイプで色々質問し、大丈夫かなぁ、多少心配しながら当日申し込みを希望。

カナダ出発前に派手に転んで両膝に怪我を負って若干、不吉なところだが
先生に相談すると、あぐらかいたり、体育座りとか逃げの道はあるからって答。

さっそく、その日からレッスンが始まった。


久しぶりの学校にドキドキしながら、
いざフタを開けてみると生徒は、私(日本人)、スウェーデン人、タイ人の3人。

案の定、日本語・英語の授業で、即戦力になるマッサージを!がウリ文句みたいに
ホームページには書いてあったが、先生は「さわりだけわかればいいから」を連発し、
教育中のアシスタントには凄く厳しくチェック。

先生、ワタシ悲しい。。と思うところだが、
内容としてはやはり、希望通りにはなかなかいかない授業だって、
生徒がいかに先生を上手く使うか。

家に帰り、お母さんのパンパンに腫れて骨がどこか発見しずらい足を揉んで練習。


ss-DSC_0957.jpg


学校が終わって、さて!何をしよう?

またまた姉の彼氏に、太極拳の先生を紹介してもらい、
駐在さんの奥様方に混じって、何度かレッスンに参加してみた。

ペルーで経験した合気道の、気の流れを・・という感覚を思い出す。
私が参加した太極拳の稽古では、早い動きは無かったが驚くほどに汗をかきながら、
私には、まず姿勢を正すことからだな・・と、生徒さんを見て学ぶ。

まちよ先生が本当に素敵な人で、みるみる内に惚れてしまう♪

カラダに関することをしてると気持ちいい。

太極拳、カラダに通じてるし、ちゃんと習ってみたい。


ss-DSC_0972.jpg


こんな感じで始まった旅の再出発。


タイは何度も来ているものの、実は言葉をほとんど覚えてない。

サワディーカー(こんにちは) コープンカー(ありがとう)は わかるけど、すみません がわからない。

チャカチィ(こそばい) ディンドン(ばか) は知ってるのに。 

旅行者必須の いくらですか を知らない。 


英語がだめなら・・と
なぜか自然とスペイン語で いくらですか と聞いてしまった。
もっと通じるわけないのに。



そして、家に帰ったら英文法の本を読む。


まず多少のタイ語かもしれない ワタシ。


なつかしい、旅、デスネ。


スポンサーサイト
vancouver

ss-DSC_0762.jpg


なんだか、バンクーバーがこないだの内容だけだと、
あまりにもイケてないんではないかと、そう思ったので、つけたし。

楽しかったことを思い出してみる。


ss-DSC_0857.jpg


バンクーバーの人口の半分以上が中国人・日本人などのアジア人。
到着した日の電車の中が、もう既にアジア人ばかりだった。

世界で一番住みやすいというが、どういう意味で住みやすいのか。
多方面からの移民が多いから?田舎だから?


ss-DSC_0426.jpg


アジアンスーパーがすぐ見つかるから、実際に食生活はなかなか。
家の近所には、韓国系スーパー、ベトナム系スーパー、日本系スーパー、カナダ系スーパーが。
家賃を安くご勘弁してもらうのに、家業もそこそこエンジョイ。

カナダにいながら毎日朝食に納豆ご飯を食べた時期があった。
スーパーで韓国版のピルクルを発見し、喜びのあまり25本入りを買い、速効で飲み干す。
カトキチでないにしろ、高レベルの冷凍うどんを 冷ぶっかけ卵かけ で食す。


ss-DSC_0385.jpg


新年は元旦から人生初のスノーシュー。
日本だったら寝正月なのにね。

バンクーバーは町から車で30分のところにスキー場がある。
だからダウンタウンやそのへんのレストランでスノーボードを持った人を見つけるのは簡単。
私は冬のスポーツが苦手なのが残念。


ss-DSC_0765.jpg


天気が良い日は貴重だったから、朝起きて青空が見えていれば
ギターとりんごを持って公園に。


ss-DSC_0619.jpg


ずっと憧れだった、森の中でおにぎりを。
途中からおなか痛いし寒くて死にそうだったけど、たーのしかった。
帰り道は道に迷ってサバイバルしながらだったのもまた良し。
やっぱり自然の中で飲むあったかいお茶は美味しくて、止められない。
今度は森の中、ハンモックで寝たーい。


ss-DSC_0696.jpg


ちょっと、自分でも想定外なことに、父親以上の年齢の飲み友達ができた。
週に3・4日、夜中からおしゃれなバーにてワイン飲みながらスピリチュアルな話を。

この年代特有の、過去の話もするけど仕事の自慢話ではなく家族の話や、
未来の自分がしたいこと等の話が多く、ほぼ聞き役だったが、聞いていて楽しい。
朝4時ごろに帰ってきてはサウスパークを見て寝るので、どうしても生活が逆になり
体が辛くて大変な時期はあったけど、なんだかんだ楽しくて、誘われれば出かけてしまう。
不良老人風な男 と 不良アラサー女子。
今思えば、誰よりも一緒に外で過ごしたのがトシさんだった気がする。。

朝起きた時に想像したことと全然違う一日になるから、人生って楽しい!!
としさんから名言をいっぱい頂戴した。


ss-DSC_0787.jpg


シティにはシティの遊び方!っていうことでライブに行く。
チーズケーキがおいしかった。

お気に入りカナディアンアーティストのBritt 
fiona apple みたいに、本当はどっちかというと暗い曲のほうが声が合ってる。
CD買うの忘れたし、もう聞けないと思うと寂しい。。


ss-DSC_0594.jpg


バンクーバーにいると、海外旅行するする必要がないよ!っていう人がいる。
どんな国のコミュニティでも大体そろっているから。

日本人コミュニティ、韓国人コミュニティ、イラン、インド、ジャマイカ。。。
確かに色々な国の人が集まっているから、その人たちと交流できれば
そういう気分になる人もいるかもしれない。

この街は、短期間では難しいがそれぞれのコミュニティにちゃんと
自分の居場所があるくらい入り込めれれば尚、楽しいだろう。

本当はワイナリーに行ったり、もっとライブに行ったり
もーっとエンジョイできたんだろうけど、貧乏人だったしまた今度。



こう、思い出してみれば楽しいこともいっぱい、あった。

前回はひどいことばっかり書いてごめんね、バンクーバー。
バンクーバー含めみなさん、ど失礼な私をゆるして?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。