上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イエメン。


の、脱出について書くのをすっかり忘れてました。



イエメンに入った時に、

ダハブで会った、ドイツ人のピーターにメールで。


ピーター「イエメン入れた?サバイブしてる?」

まる  「入れたよーー、すっごい怖かったけどなんとかなったわー」

ピーター「もう、きっと君はイエメンから出れないでしょう。。。ふははは」





私、その時に思ったことといえば。



確かに、考えてなかった。。。。

出る時はどうなるんだろう。




ツーリストオフィスに行って、サナー近郊から外出する時にパーミットを作らないといけないんだけど、

その時に必要なのはパスポート。

出国の際にも、空港にて必要なのはパスポート。




結論からいえば、全く無事で、笑顔のお兄さんにパスポート出して、

また3秒で出国させてくれた。


また何の問題もなさすぎた。





ありがとう、イエメン。

私を見逃してくれて。




こないだ、書くのを忘れたけど。



とっても大事なこと。


私はただの、アホなチャレンジャーだということです。




けして見習って、チャレンジしてはいけないです。


先輩バッパーや、新米のバッパー。

どこの角度から攻め込んで見ても、きっとただのアホでしょう。

こんなことを、堂々とブログに書いてるのも、とんでもなくアホなんでしょう。

けど、友達に相談とかもしたから、ご報告も兼ねて書いたんです。




私はただ、準備できることは、して、やってみただけ。

別に自慢でも何でもないです。

結果論、ハッピーなだけです。





このブログがもしアラビックだったら、捕まってたでしょう。

もし私がアラビア人でこんなことしてたら近所から非国民って言われて
嫌われて、家族もまるごと批判されて、そこに住めず、一家全員で疎開してたかも。

きっと、名前をマイケルに変えて、男となりすまし、生きてくしかなかったかも。




おーーこわ!!

世界が平和でないって、おーーこわ!!






お母さん、なぜ私をイノシシ年に産んだの。




うそ、こんなアホな私も少し好きですが




以後、気をつけます!!


今後とも、世界の皆様、よろしくお願いしまーーすー。




ss-DSCF5495.jpg
朝の日課。チャイが20円くらいで、激ウマ。

ss-_TW32969.jpg
アラビアの国で、合言葉はイシャラー(神のみぞ知る)とバクシーシ(喜捨)。
何かトラブルがあった時とかに、イシャラーってそのトラブルを起こした本人に言われると、
ちょっとだけ、イラっときました。
バクシーシはつまり寄付ですよね。アラブの国はすぐ、バクシーシって言ってくる子供がちーらほーら。

この子は、バクシーシボーイ。

ss-_TW32907.jpg


ss-_TW32899.jpg
イエメンでは、外人見たらスーラスーラ!って言ってくる。スーラはアラビックで写真。
言うから撮ってもこういう顔する人も結構多い。そんな時でもこんな顔。
けしてタイミングではないのよ?

ss-_TW33603.jpg
た、たくましー。

ss-_TW32386.jpg
愛すべきヤンチャ

ss-_TW32358.jpg
かわいすぎる。

ss-_TW31894.jpg
ズキューン。


スポンサーサイト
2011.03.05 今回の結果
イエメン。




来たい国ベスト3以内だった。
世界をいっぱい回ったバッパー達が、一番好きな国にランクインさせるイエメン。

期待しちゃうでしょ?




けど、けどね?

期待しすぎててごめんね?イエメン。

来てから、ずっと期待しすぎてたから、もっと、もっとって欲しがってた私を

暖かいお心でお許しいただければ幸いです。




やっぱ旅行しやすい国ではないので、行った場所といえば

サナーにいながら日帰りできるところ。

日帰りでも、ツーリストポリスを訪ねて行く場所・日付を言いパーミット
を取らなければならん。




イエメンに来る前は、サナーとソコトラ島の気満々でした。

ソコトラのこの時期は、砂嵐は無い観光シーズンって言われるけど、

イエメン国民は、みーんな良い時期ではないという。
夏じゃないから緑が少ないんだろうな。

あるものといえば自然やビーチ。
行ってないからわかんないけど、緑がなかったら茶色かー。

ソコトラ茶色かーー。
茶色ばっかりかーー。

茶色、かーー。

そっかーー。



ソコトラはホテルは空港の近くの都市しかなくてキャンプか民泊だけど、
今はテント持ってないし、一人じゃあんまり楽しめないかも。。
悟りの世界か。

私、そんな強くないわー。


ナメック星の世界がソコトラ島にあるって言われるけど、
飛行機でしか行けないし往復約300ドル。
行くならヒッチで回るつもりだけど、もし車使うならチャーター1日50ドル。


そこそこお金使うでしょ?
あんまり楽しめなかったら許せないし、飛行機でしか移動できなくって缶詰ってのも

っていうか、答えはきっとテンションがあまり上がって無いことです。
すべて、きっとここなんです。

イエメンに来る前に、イスラエルスタンプのことで、頭悩ませ、片道の飛行機キャンセルして
取り直ししたりして、それだけで80ドル程使ってる分、勝手にハードルを余計にあげちゃったのね、私。


そんな私は、ソコトラを諦めーの、サナーと他の地方にしました。


スーラ。シバーム・コーカバン。




結論、そんな大してどこ行っても景色は変わりません笑。

イエメンの建築、丘にある建物はどこ行ってもそんな変わりません。



だからつい、もっともっとって欲しがってしまう私。

ごめんね、イエメンは何も悪くないのに。。

勝手に期待して、勝手にスーダンに似てるとか、勝手に満足しきれなくって。。



ソコトラのお金はちょっと浮いたし、

だから、ちょっと気分転換。
高そうなカフェに入って、豪華にケーキセットとかじゃないです。




とりあえず南米いってきまーっす笑。

私のばかルート。

だって、アジアは万年良い時期じゃないですか、


周遊チケットも持ってないんだもん。

南米は今なんです。



氷河とペンギン。

ウユニとアンデス。

こっちの方に恋しちゃって。





私の、アホでまぬけなルート。

次回は、とりあえず地球の裏側から。





イスラム諸国が政府に対して起こしている暴動を、ヤフーニュースで見ました。

丁度過激になってくる頃にイエメンを出発して、南米はアルゼンチンについておりました。
パソコンの調子が悪かったり忙しくしておりましたので、ブログ更新が全くできてなく、
ご心配かけてすみません。

私は元気です。無事に旅してます。


ss-_TW31894.jpg

ss-_TW32358.jpg

ss-DSCF5524.jpg
イエメンで行った映画館。
海外で映画館に行きたい!企画第一段だったから、あんまり考えずに行ったから行ってからそういえば、イエメンでは映画産業があんりないよね。。だからインド映画の2本立て。あんまり楽しめず。。けど、200ディナールだからとんでもなく安い。お客さんもこんだけ大きくて20人くらいしかいない。ポップコーンの変わりにカートを←アルコールが禁止の国なので、葉っぱを噛んで多少覚醒するのです。男子は全員カート!ほっぺがぽっこりはそのせいです。ネット環境悪くて写真アップロードの限界あるのでまたゆっくり書きます。
何なんだろう、この感じ。




スーダンに着いた時。


あんなに、スーダニーズはいい奴だ!!って聞いてたのに、初日にメガネを盗難にあう私。

コンタクトで言うと ー6,0 裸眼では 0,01とかのド近眼な私のでさえ欲しいのか。
そんなに君は目が悪いのか。

アフリカ大陸北上の追い込みに入って、メガネをしたアフリカ人も今まで見てたはずだけど、
アフリカ人にもメガネ欲しい人いるよね、と凄く痛感した瞬間だった。




イエメンに着いた時。


あんなに、イエメニーはいい奴だ!!って聞いてたのに、
イエメンで初めてコミュニケーション取った人に騙され喧嘩になって、

私は今日がイエメン初日なんだよ!この人のせいでイエメンなんか嫌いになりそう!

って通訳してくれた人に、大きめの声でがんばって言う私。




この裏切られ感、同じでしたね。



けど、スーダンではその後、スーダニーズは良い人っていう実力を見せつけられる。

アラビックが読めないから、食道で他人のごはんを覗けばそのテーブルの人たちに
毎日ご飯を招待され、毎食ごちそうになる。
道を聞けば一緒に探してくれ、わからなくても、私が大丈夫って言うまで
ずっと一緒にがんばってくれようとする。

もっとあるけど伝えられない。



イエメンも、やっぱり同じだった。

道を聞けば、多少遠くても一緒に歩いて探してくれるし、案内してくれる。
これ何の食べ物やー?って覗けば、店の人が気持ちよく飲め!おごりだ!金はいらねー。
こういう店が多く、店に座ってるおじさん達も一瞬目が合えば、イエメンにいらっしゃい!食べて行きなさい。

そうなる。

アラブの国といえど、男、女は関係なす。
おかげで、一人でいた時はあんまり食費に困りもせず、逆にお腹がいっぱいになるのが申し訳ないくらい。
ボってくる人なんて、たまーのタクシーくらい。値段なんて交渉すればすぐ簡単の定価に。
ボってきてもすぐ仲良くなって一緒に笑える。
苦労なんて一切なし。
バイタクに道を聞けば、タダでいいから乗せてってやるよって。
ただの私たち旅行者との会話を本当に楽しんでくれてる。

もっとあるけど伝えられないよ。


本当 ピュア。



welcome to Yemen


私の住む日本は凄い大国だけど、環境の差って大きいとは思うけど、

私は、日本にいて外国人に対して、小さい頃ハローと言った事もなければ、

大人になってからも、外国人に対して welcome と言ったこともなかった。

貧しい国ほど、welcome と言われる。




スーダンを行ってからイエメン来てるので、

スーダンを越えれるかというと、ちょっと越えられないと思うけど

スーダンに似たものを感じた。




愛してるよ、イエメニー。


s-s-_TW32896.jpg
バイタク。なんでか必ずファーとか獣の皮みたいなんをバイクに貼りたくってる。
商売っ気はないけど、変にバイクだけやる気があるバイタク野郎たち。

s-s-_TW32892.jpg

s-s-_TW32872.jpg

s-s-_TW32055.jpg


s-s-IMGP2582.jpg
車の後ろに乗っての移動の時に、一緒だったおじちゃん。
目があったら、おじさんが頭に巻いてたスカーフを急にこんなんされーの


s-IMGP2584.jpg
こんなんなって 流行りの柄 on 柄もいいとこになって

s-s-_TW32480.jpg
女子に着せるだけ、着せたら ショーン・コネリー風?ラッセル・クロウ風?
おじさん、始めに来てたジャケットもこれもか?とか言いだして、急にリバーシブルでもないのに
裏にして着だした。裏とか表とか、気にするなということを教わる。
一枚目のおじさんのジャケットが表。獣感たっぷりやけど、かっこ良すぎる。。
パソコンのデスクトップの写真にしちゃったー。
たまたまそこにいた女子にスカーフあげちゃうおじさん、愛くるしすぎる。


s-s-IMGP2608.jpg

いい時期です。

s-DSCF5345.jpg

ロックパレスで遊びすぎるイエメニー。愛くるしい。

s-_TW32691.jpg
ロックパレスと。
lovely to meet new me.

1月21日。28歳。

誕生日をイエメンのサナーにて迎える。




20日の夜は一人で、透明な気分になりたくって、

「花とアリス」を見た。

もっとピュアな気持ちになりたくって、

ノラジョーンズを聞きながら、寝ました。





朝起きたら、知らぬ間にお兄さんが隣で添い寝してた。

はい?何?誰?イエメン。

無事で良かったけどさ?

悪夢を見たらしい。そんな可愛い理由だからって、怖いですからー。




28歳なりたての初めての会話。「まじ向こうで寝てください」だった。





厄年かどうか気になって、ネットで見たら全然違うかって、安心。

ノラジョーンズより、手島葵にすれば良かったかな。




アラブ、怖い国です。




どうしよっかなっていう目覚めだったけど、

日本人がいないと覚悟してイエメン来た中で、航空会社勤務のyouくんを発見!

フランス軍にマジで入りたかったという、どっから見ても傭兵なコットン兄貴を発見!


イスラムの国にいながら、お酒飲みたい、袋入りのポテチ食べたい とかわがまま言ってたら

彼らが私のために探してくれたりして、ノンアルコール・ポテチを買ってきてくれてて



それだけで十分、嬉しい誕生日です。




二人がいてくれて、本当良かった。

ありがとうxx




お母さん、まいこは28歳になったよ。



s-DSCF5579.jpg

イエメン。



イスラエルで取ったエジプトビザに、エイラットで取得した記録が残っちゃった。

普通なら入国拒否されるね。やっべ。

もーやだー、そういう面倒くさいのーーー。
旅行者には関係ないじゃーーんって、言いたいね。てやんでぃ。




パスポートを無くしたことにして、現地でnew one にすることに抵抗は全くないけど、

現在の状況では、日本人は日本かナイロビしかイエメンビザの発給が許されない。←知ってる情報だと。

となると、このパスポートでどうにかするしかないんですよ。

ちぇ。




どうしよっかな。

イエメン。





今回、メインとして行きたい国べスト3内に入れてたイエメン。

他は旧ユーゴ諸国がベスト3入り。

順位は?第1位は?て言われても、そこんとこわかんないけど笑。

とりあえずベスト3入りなの。



まぁ、イギリスやインド・バングラとかは行かなきゃな国っていう、

別のくくりなんですけど。





私にとってのベスト3を、諦めることなんか難しい。

イスラエルのばかばかーー。



まぁさ、けど、

行ってみて、ダメならそれでいーじゃん。




押されて、諦めた人はたくさん聞いた。

押されたけど実際行ってみた人って、検索の仕方が悪いのか、ネットで1人だけしかいなかった。

皆あきらめちゃったのかな。

行けた人、行けなかった人、それは全て入国管理官次第だから

どうなるかなんて、始めに考えたってわかんないよね。

イシャラーラーだよ。






物事ってシンプルでしょ?

諦めれるもんなら、さっさと諦めてしまえばいい。


どっちかでしょ?



恋愛も仕事も、遊びも私の基準は全部ここです。







パスポートを破ろうか、薄くエイラットの文字を変える小細工しようか、

色々悩みました。






始めは、ページを破ろうと思ってたんだけど、

だんだん、入国とかチェック厳しいのはイスラエルくらいなんじゃないかとか思ってきて、

どんだけ他が緩いんか見てやんぜ、ちきしょーめっ、てなってきて




色々考えた結果。

パスポートそのまんまで。

追い返された時様に、一応片道切符をキャンセルして、往復チケットで。





でもね、やっぱりなの?何なの?イエメン。

何なのよ、きみは。




入国が簡単すぎたイエメン。


他のどの国よりも入国が簡単すぎだよ?イエメン。

入国カードをイエメンビザのとこに挟んでイミグレ並んでみた。



3秒で終わっちゃったよ?

いいの?そんなんで。全然、アラブ敵ちゃうやん。自分。



ゆるすぎだよ?ここ。ゆるすぎるね。うん。




けど、来れて良かった




カイロ最終日に全身コーディネートで大人買いした H&M

一時的かもだけど、とりあえずはアフリカ卒業とともに、

ちょっと服装もチェンジして、




イエメン殿、よろしくだよ?

私ここで更に、アラサーに足入れちゃいます。

イエメンs-_TW32338

s-_TW32248.jpg

s-_TW32221.jpg

s-_TW32852.jpg

s-_TW32079.jpg


phot by コットン兄貴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。