上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イグアス移住地からの大移動。

本日の移動のお品がきとしては、

イグアス移住地 ⇒ アスンシオン ⇒ コリンダ ⇒ サルタ ⇒ カラマ ⇒ イキケ
        パラグアイ    アルゼンチン入国       チリ入国


この様な感じの、合計約40時間です。
結構、南米は広いので一度バスに乗ったら20時間の移動とかはザラ。。
にしても、今回は長い、長すぎる。。

目的地はチリのイキケ。
乗り換えしすぎ!!ぎゃー。


この移動については、ボリビアからアルゼンチンに入った瞬間に時刻表をかなり調べておいた。
こういう、初めからここは移動だけっ!て決めたとこでは計画的に行きたいのだ。
毎日、便があるとも限らないし、それに合わせて動きたい。

カラマに深夜到着になるが、カラマまでは泊らずに行けるとわかっていたので弾丸コースを選択。
カラマで一度滞在してるので泊っても仕方ないし、安宿も少ないからターミナル内で寝て早朝の便で
イキケまで行って、ここには郊外に温泉あるので入れればベスト!!

そんな、恐ろしい計画。
私、以外とタフなんです。うふ。           
                             

っていうか、こないだチリ行ってたじゃん??
それはただ、ボリビアでアイポッドを盗難にあってしまったので、アイポッドを買い直す!
そしてチリワインをまた飲みたい!

ただそれだけです。にゃー。

前はカメラが付いてない前の世代だったし、イキケはなんといっても、アイポッドが日本よりも
安いらしい!!というガセかどうかもわからん情報を信じて、いざ40時間。
アイポッド買ったら、ペルーのクスコへ。ここが本当の最終目的地。

三分の二の移動が終わって、アルゼンチンはサルタのバスターミナルに着いたところから、
チリ行きのバスを探す。

予定では3時間以内に、チリ行きバスが出発するはず。


どうしたーー?
なぜ他のチケット屋は開いてるのに、オープンしないのよ?
降りているシャッターをじろじろ見ると、

「チリへのバスは大雪の為に運行できないんだよー。だからカウンターも10時に開けるわ。ごめんね!!」
 っていう張り紙が。。

今は早朝6時。
それはいつ運行されるの?
今日だけ無理なの?

店をこじ開けてやりたい衝動にかられる。
私、イキケ行きバスの時間に合わせて移動してきたのよ?
ずっと開かないカウンター前に座って一人で一揆おこしそうだった。

ようやく開いたカウンターに、ポルケ(どうして?)攻撃。

スタッフの答えは勿論 
「わかんない、いつ行けるかも知らない。だって天候が悪いんだもーん。道封鎖されててさー」

いやー、その答えね。。。大正解です!

だよねー。文句は言ってないよ?そんなことでヤツ当たりする人嫌いだもの。
ただ、とりあえずわかってても質問をしてみただけだもん。

しかし、私もどうしようか。

とりあえずサルタに一泊しようと思うも、やることがなさすぎて街をブラブラしてみるも

やっぱ、いつチリ行きの道が開かれるのか全くわからんのかぁ。。って事ばっか考えてしまう。

はて、私はなぜチリに行きたかった。
それはアイポッドを買って、チリワインを飲みたかっただけ。

ここで待ってたら、宿代がもりもりに積もってアイポッドはどんどん高くなるなぁ。。

って思うと、宿からバスターミナルは歩いて15分もかかるのに、またターミナル行っちゃう。
とりあえず、わかったのは道は10日間以上もの長い間、雪で封鎖されてる。
そんなもんは、絶対明日になっても開かない。

アルゼンチンの西部、メンドーサにもチリへの国境があるが、そこも封鎖されてるとまで言われた。
多分、それが本当なら、チリの雪はどんだけひどいんだ!!
っていうか、ひたすら長いチリの半分がとんでもない雪降ってることになるけど、
それって絶対ありえない。。
サルタからメンドーサまで20時間かかるから、そこまでもしたくない。。

地図を開いて確認するまでもなく、道が開かないなら、私はバスでボリビアを通過して
ペルーへ北上するか、飛行機でクスコまでぶっとんでいくしかない。


飛行機は、値段見てみると始めは250ドルくらいでサルタからクスコ行きがあったが、
素晴しく高いなと、どうしようかなっとパソコンを眺めてると目の前で完売になり、
サルタでない他の場所発になる上に、値段も400ドル近くなった。

飛行機が高いなら。。。

ボリビア通っていくか?!


けど、ここで一つ問題。
先生、ここ、結構大きい問題でーーっす。

ボリビアは南米によくある90日ビザ。
しかし、その心は!1年間に合計90日間しか滞在できない決まり。

普通は、90日ビザなら、90日が満期になる前に他国へ入国、またすぐボリビアに戻ってくれば
また90日ビザが貰えて滞在できるのが普通。

しかしボリビアでは、さすがこの世界の基準なんか通らず、
90日間過ごしてしまえば一年後にならないとボリビアに入国できない。入りたくても入国拒否される。
もう、ボリビアーノのすることは全く意味がわからない。。。

というわけで、ボリビアにいた時の私の滞在日数。
なぜかピッタリ4か月。笑

90日とかもう、とんでもなくオーバー。
きっと、普通の旅行者からするとこれも大分おかしいんだけど、暇してるわけでもなく
体調崩して入院したし、気がついたらそれくらい、あっという間だった。


そこで、、しかしボリビア90日ビザじゃなかったの?
さっき言ってたじゃーん?!ってなるのが普通ですよね。

所謂、フ○ウタイザ○ ですね。

世界の基準に従って、ボリビアを一回出て、チリにでも入って瞬時ボリビアへ入国しようかと思ったんですけど、90日ギリギリにボリビアを出て、戻って来れなかったアミーゴがいたので、私も帰ってこれないかもとブルブル怯えて、なんとかなるだろうと、1日250円の罰金を払えば許してもらえると情報屋から仕入れてたから、それでいくかーーっと。金で解決してやんぜって、そんな感じだったわけです。



では、そのボリビア出国の時に、実際どうだったか。

出国イミグレのお兄ちゃんにパスポート出した際、日本人か?と聞かれたので
仲良く話してると、日数オーバーに気付かれずに済んで罰金も払わず笑顔でパス。
こういうのはなんでか、いつも得意なの。あは。


丁度1か月分の罰金があるはずで、一応お金の準備はしていた。
神様、ありがとう!と思ってたら、アルゼンチン入国と共にボラれましたけどね。

やっぱりジーザス。。わかってるんやね。



話を戻すと、

上記の様なことがあるので、ボリビア再入国なんてドッキドッキな選択肢なわけなんです。
サルタから10時間バスに乗れば、ボリビアとの国境に着くが、入国できるかしら。。

しかし、残念なことにあんまり考えるまでも無く、まるおコンピューターの中で
「とりあえずボリビア入国案」が全員一致で可決されてしまい、いざ私は行くしかないのだ。

なんだかワクワクさえさせてくる。。
南米がいかに緩いか試してやるしか手段が無い。

だって、飛行機400ドルとか払えませんから!!


そう思ったら、いてもたってもいられなくなって、
結局サルタに泊まりもせず、夜な夜なバスでボリビア国境ビジャソンまで、いざゆかん。
10時間の道のり。

ボリビア入国時、もし拒否られたらその時考えよう。。

と思いつつ、なぜか一応20ドル紙幣を数枚小さく折りたたみ、
ズボンのポッケへ忍ばせてみたりする。

ん?なに?



アルゼンチン側の国境はパスできた。
ここは元々、私とアルゼンチンの間には何の問題もありませんものね。当然です。


そして、今日のビッグイベント。
ボリビア国境がやってまいりました。
国境で、こんなドキドキしたのはイエメン以来。
イスラエル出国の形跡がパスポートにあったのでビックビクだった。
あの時も追い返されるとか、不安要素は大だった。

イエメンの時は、パスポート一切チェックせず、すぐ入国スタンプくれたけど、
以外にも以外、というか本来かもしれないけど、ボリビアーノったら、びっくりするほど
1ページ・1ページ、しっっかりチェックしていく管理官。
こんなにチェックされるのは初めてだ。
同時に、こんなにしっかり仕事するボリビアーノにも初めてお会いしました。

なので、しっかりと私が90日以上滞在していた事を発見してくれちゃう。
おーーーディスカバリー ボリビアーノ。

けど、調度ズボンのポッケが空になる寸前で、3日間のトランジットビザを貰えた。
トランジットビザの存在、ボリビアで聞いたこともなかったけど、そんなの必要な人もいないよね。。

とりあえず、行きと同じルート・方法で、私はまたボリビアに帰ってきたのだ。



入国した瞬間の、この住み慣れた国への帰還が、なんとも落ち着く。
そして勝手がわかりすぎてる感じ。。

ここからは

ビジャソン ⇒ ラパス ⇒ クスコ



とまた移動が続くが、クスコに着いた日、実は7月7日。

それはたまたま七夕で、マチュピチュがハイラムビンガムに発見されて100周年の日。
丁度、街中はお祭りで大賑わい。

アルマス広場に着いた瞬間、花火が鳴った。

久し振りのアミーゴとの再会もあり、
やっと移動が終わった、ホッと感。

この日は楽しくて仕方なかった。
クスコにしばらく滞在するし、楽しくならないわけがないだろう。


そんな期待が もふもふ。


もっふもふ。
スポンサーサイト
2011.08.01 buenos aires
2回目のブエノス。

韓国人でブエノス在住の友達に会って、H&Mに行けて、骨董市行って、ちょっとおしゃれな匂いをかぎたかった。

ただ、結構それだけ。

ss-DSCF8326.jpg

ss-DSCF8314.jpg

ss-DSCF8264.jpg

ss-DSCF8277.jpg

ss-DSCF8344.jpg

ss-DSCF8345.jpg

ss-DSCF8305.jpg

ss-DSCF8301.jpg

ss-DSCF8288.jpg

ss-DSCF8281.jpg

私はこの家族の背中にズッキューーン。
雑誌が大好きです。

ss-DSCF8230.jpg


仕事終わりに、ファミマに寄ってファミチキ買うついでに、
雑誌をかたっぱしから読んでから家に帰る。これ、ほぼ毎日のパターンでした。


待ち合わせ場所は、本屋さんとか、ビレッジバンガードが好きです。

時間になって、相手が来てるのを確認しても読み続けてみる。
時間を過ぎても勿論、本を読む連れに声をかけ、あ、やっぱ来てたよねーとか言ってみる。
集合して結局、30分以上たったくらい、お互い落ち着いたら店を出ちゃう。
こういうのを受け入れてくれる人が私のまわりの友達です。


旅していると、日本で毎号買ってたSPURが読めないのが残念です。

海外にいても、コレクション情報とかモデルスナップとか見たいし、
毎号VOGUEを買って読もうと旅に出た当初は思ってました。
実際、そんなにどこの国にもあるわけでもなかったし、
街角の洒落こんじゃってる、ねーちゃんを探してジロジロ見る方が面白いんじゃないかと
とまぁ、節約の道を選んだわけです。



そんな感じで、雑誌TRANSIT が大好きです。

どこでもコラボしたがるBEAMSとっていうのがちょっと残念だけど、
雑誌だけどTシャツまで出しちゃう、お洒落かつ写真もいい、リスペクトな雑誌。

最近は便利になったもんで、iPOD touch のアプリにあった TRANSIT アンデス特集。
アミーゴが持ってたのを見せてもらった。



ここで特集されていたのは  capilla del monte

訳して 山の礼拝堂。

ss-DSCF8215.jpg


アルゼンチンの第2の都市コルドバから、3時間程走ったとこにある小さな村。
ウィキペディアにも載ってないよ。


ここにはなんと!リトルグレイが頻発して降りてくるそうな!

アメリカはロズウェルが Unidentified Flying Object 訳して UFOスポット。
南米はここ、capilla del monte も まさに未確認飛行物体の休憩スポットらしい。




首都であり大都市ブエノスアイレスや、ワインで有名なメンドーサの特集じゃない。


こんな、ぶっ飛んだ村の特集しちゃうTRANSIT。

こういうの、私の大好物。


ボリビアから普通だったら、北上してペルー入りするところを
UFO見たい!ブエノスでH&Mに行きたい!ていうだけでアルゼンチンに再度行っちゃう。


どこ行くの?って聞かれるから、大都市サルタでcapilla del monte トークを持ち掛けても
ブエノスでブッ込んでも、ほぼバスのチケット屋くらいの少数しか知らない小さな村だった。


ボリビアのラパスから46時間移動の、3日間シャワー無しのドッロドロの私。
移動中にある、どこのwifiカフェでも繋がってくれない私のイカレPCに弄ばれながら
ブエノスから最後の移動、小さなバスに揺られ3時間。
バスで出された何でもない飴に癒され、ボリビアから来るとアルゼンチンの車窓は
ヨーロッパを想わせる。


昼前に着いて、ホテルにチェックインした後、
UFOにびびる前に、早速シエスタに完敗。

昼前の11:30~18:00までどこも、全店と言っても過言では無いほど閉まってる。
中には20:00まで開かない店も結構たくさん。

スーパーや、バスのチケット屋まで閉まってるって
どういう寂しさ味わわせてくれるんですか?


今までシエスタって言っても、12:00~14:00くらいまでしか堪能したことが無かったから
超スーペル長時間のミラクル移動の後、休憩もせずの散歩へ繰り出した元気な私でさえ、
即効カウンターきめられノックダウン、レフリーがカウント数え始めちゃってます。



まぁ、気を落ち着かして、ここにあるのはUFOがよく降りてくる山 cerro uritorco
やっぱ山の礼拝堂ってだけあって、この村の山には何かがある!!

そしてUFO博物館。


ツーリストインフォメーションで聞けば、山は12:00でゲートが閉まる。
博物館はまだ開いてる。というわけで、今日は山までの移動手段を確認しながらの博物館コース。


博物館!!
あったーーーー!!!
ss-DSCF8224.jpg


なぜ、誰もドア開けてくれない。。

結局閉まってるわけですか?
明日がお休みじゃなかったの?


このへんでいい加減、凹みに入って寂しさに連れてかれそうになったけど、
ホテルへの道すがら、疲れたからヒッチして乗ったトラックのおじいちゃんに癒される。

やっぱ人間っていいよね。
人間は人間が好きね。


そしてやっぱ、花より団子だよね。

明日の山に向けて、初一人トレッキングのデビュー戦に向けて
アルゼンチンの美味しい牛肉!チーズ!ビール!

ボリビアで4か月間毎日脅かされた、湯量少なめの、暖かいのか ぬるいのかわからんシャワー。
アルゼンチンでは、たっぷり湯量の暖かい日本並のシャワーに甘える。
明日に向けて12時前には就寝。


山は、朝9時のバスに乗らないといけない。
私なりの久し振りの早起き。

数か月ぶりの、焼きたてパンを買えるアルゼンチンという環境に喜びをひしひしと感じ
美味しく食べながら、バスで山の麓まで。


いざ山ガール!!

ss-DSCF8235xx.jpg

一応、入山する際に遭難したりした時様に受付で連絡先や身長体重など、用紙に記入して出発。
カウンターに売られてたUFOのDVDや本。

ちょっと、テンションあがっちゃうんだから。


山を登って、下ってくる往復。
凡そで言われた所要時間は7時間。


往復5時間で下ってこれた私は、宇宙人に会えなかったことが残念。
けどトレッキング慣れしてきた気もして、ちょっとだけご満悦。

ss-DSCF8249.jpg

バスで帰ってくる途中、個人でやってるUFO写真館を発見!!
ss-DSCF8256.jpg


やったーー!!

けど、やっぱりお休み。
capilla del monte  君はいつ開いてるの?君にとって、私、招かれざる客?


私にとって、capilla del monte はそこそこの試練を味わわせてくれる。

麻衣子のマは、麻薬のマ!でなくって
洗っても洗っても傷むどころか強くなる、リネンの麻だもの!
まけないわ!

ってことで、


バスで移動までの数時間、現地の人にUFOについて聞いてみたりする。


①いやーー、空に光が飛んでるのは見えるんだけどねーー。

②ないない!!

③え?やだー、見える人もいるんじゃない?



って感じの回答がほとんど。
そうですかーー。

しかも、国によって地方によって、スペイン語の特徴が多少あるんだけど
何が辛いってアルゼンチンのスペイン語は南米の中でもスピードが早い!
聞きなおしても、ゆっくり言って攻撃しても私にはなかなか伝わらない。。
スペイン語がいまだによくわからん、かつボリビアのゆっくりなスペイン語に慣れてた
私にとっては結構過酷です。。


トレッキング前に会った、山のガイドさんに聞いても
見たことなんかないですーー。
Never! nothing!



UFOって、きっと心の中にいるのね。
あなたの心の中。



ちょっと、この村は他に何もなさすぎるし
正直、ゆっくりする村でもないかな。

新婚旅行に旦那様にどうしても行きたい!って言われてもちょっと、必死にお断りしちゃう。


けど、本当、とりあえず来て良かった。
来なきゃわかんないもの。



そういえば日本で働いてた時、社内ではアドベンチャー部でした。
他の女子が4日間とか短い日数のアジアに添乗で行ってても、私は中米・南米の15日間とか。
いじめか?!って勘違いしてしまいそうなくらいの長期連続、初添乗から12日間とかだし、
入社当初、内勤の社員は7日間くらいのに行くのが普通って聞かされたけど、はて?
そりゃー、ハングリーに育つわけです。


ね?そんな部なんて本当は社内にそんなもん、存在してなかったけど
言いたくなるでしょ?
私、アドベンチャー部出身です!!って。

まぁ、物心ついたころから、私の気質がアドベンチャーまるだしだったのを
さすが上司は見抜いてただけたんだけど。





あと、海外のガイドブックの方が断然面白い。

写真は少ないからイメージ湧きづらいけど、載ってる情報や書いてることが面白い。
たとえば、日本人には超デンジャラスゾーンと思われているソマリアって国。
内のソマリランドとか行けるんだけど、「yes! you can go!」って書いてる。

世界中の旅行者が一番持ってるロンリープラネットには日本を紹介するのに、
観光するもよし、景色も見て来い、けどそれ以上に、日本のおもてなし精神を見て来い!
って書いてあるんだって。時間ができたら読んでみたいよね。

だから日本で一番売れてる how to walk 的な本は
地図とか移動は便利だから持ってるけど、危険情報ビッチリ!で参考にもなるかもだけど、
アテにならないし書いてる内容はおもしろくない。
それに載った所ばっか行くのは嫌なの。

皆と同じことをしたって面白くない。
それは、私にとってはただのツアー旅行なの。
そんなもん、物足りないの。
そこがつまんなくたって、自分のフィーリングや気持ちを大事にしたいの。
ちゃんと危険を感知はして行動はするけど、楽しそうなことに反応しちゃうアンテナは24時間働かせナイト。
指を空にかざして楽しい風が吹くいてきたら、飛び込まナイト。



って前置きが、いつもながらとっても長い私を、どうかここは皆様。。
温かいお心でお許しください。



ここにきて、改めて考える。

あなたは、どんな旅が好きですか??


うまく言えない。
けど、ただ簡単にシンプルにすることはできる。



わたし アベントゥレラ でいたいの。

やっぱ アドベンチャー 楽しいもの。


ただ、そんだけ。



お疲れ capilla del monte

皆さんは、寝てる時に夢を見ますか?

ss-DSC06157.jpg



きっとたくさんの人が夢を見て、起きたころに忘れてしまう。
それがほとんどではありませんか?


私最近、朝起きても鮮明に、かつクリアに覚えてます。


悪役のターミネーターに追いかけられ、シュワちゃんが命を投げ出して私を助けてくれる。
まるで私がジョン・コナー。結構 快感。


兄ちゃんにお風呂を覗かれる夢。これ最悪。




今日の夢の登場人物は、

山男と巨乳の女。私と 大沢たかお。


山男が当然、もはや裸体に近い巨乳女を必至で追いかける。
なんだか一緒にいるのに全く相手にされない、ちゃんと服を着てる私。

つまんないからふてくされてると、傍にいた大沢たかおが私をかまってくれる。
急に、たかおがいなくなって、やっぱりつまらないと思って家に帰ると
ピンポーーン。

バイクに乗った、たかおが私を迎えにやって来た。


そんなところで宿のお兄さんに起こされる。


これ、すっごくハッキリした映像でしたよ。




幸せの絶頂期。

続きは、映画GOEMON を見て たかおの姿を見ながら過ごすしかない。



いつも、必ずマカを飲んで寝た時だけ見させてくれる おかしな夢。

マカって精力剤として南米では有名。
キャラメルになったり粉になったり、錠剤だったり。

オロナミンC代わりに飲んでお勉強してその後、寝てしまえば、それはもう
必ず私をトリップさせてくれ、すごいビジョン見させてくれる。


南米に来たら是非、旅のお供に。

男子はご注意^^

ss-DSCF7983.jpg
2011.04.13 母なる氷
氷河。

グレイシャー。



前に働いてた会社で、20日間のパタゴニアコースが100万を超えで、すっげーって思ってた。

けど、そのパンフに載ってる写真にはいつも、ズキューンってやられてた。

けど、正直どっちかっていうと、ペンギンやアルゼンチン人の子供とかにズキューンだった。。

えへ。





氷河、南米で見たかったのはこの景色。

これが見たくて南米に来た1つの大きな理由です。





少数民族、遺跡、そこらへんに たらふくある。

アイスランドとか、他にもあるかもしれないけど、色々行ったことないからわかんないけど、


けど、この景色、南米にしかないと思った。




パキ!ガシャーーーーーン。

大崩落ですよ。



MAX もっかい行きたーーーーーーい。

ss-IMGP6492.jpg
船でずんどこー

ss-IMGP6534.jpg
人生初めてのアイゼンはグレーシャーで。氷河に登ってトレッキングでーーっす。
最後は勿論おつかれウイスキー。氷は氷河のを削ってグラスにイン。

ss-IMGP6539.jpg
氷河のね、写真ありすぎて困るし、選ぶのも困るくらいなんです。
こんなんで伝わるかどうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。