上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イグアス移住地。

ss-DSCF8354.jpg

歩いていると、日系人の方は勿論パラグアイ人も こんにちは と挨拶してくれる。

思春期の年頃の男の子だったら絶対ツンツンした子も多いだろうに
ここでは皆、すれ違いざまの挨拶がとっても自然。
私が外国人であることなんて関係ない。
きっと、ただの日々の習慣。
けど私はその度にちょっと嬉しい。

イグアス移住区の子供達は、とっても素直で、とっても大人びている。


前回のブログにも登場した壱番さんは、日本人会で働きながら
日本語学校で子供たちに勉強を教える先生でもあり、校長先生でもある。
いろんな肩書を持っている。



お話を伺った時、とっても忙しいのに夕食までご一緒させてもらって

今度学校でお寿司の体験授業をするから良かったら来ませんか?とお誘いまで。


早速、学校にお邪魔させてもらう。

ss-DSCF8407.jpg


学校は小学校・中学校・高校と同じ建物で、日替わりで開設している。

高校生の授業にお邪魔させてもらったのだが、
なんと!こないだ銀行で両替してくれた銀行員さんがいた!!
ちゃんと高校を卒業したいからと、皆より一つ年上だが働きながら学校に通っているそう。
覚えていてくれたようで 「こないだはありがとうございました」 と挨拶までしてくれた。

よく先生不足とは言うけど、高校生でありながら小学校の先生をしているという生徒さんも。
生徒であり先生。これは初めて。衝撃です。                

イグアス移住区の子供達は、みんな生まれた時から一緒に育つ。
たーーっくさんの人で溢れている街と言うほどでも無いので、移住区の人みんなが知り合い。

だから、みんな本当に仲が良い。
授業を見ているだけでも、十分に見てとれる。
私が丁度学校に着いた時、今度あるバザーの役決めをしていた。
長く付き合ってる分、それぞれの役割を知っているから、誰はこれがいいんじゃないかとか、
褒め合いながら冗談言いながら、実にクラス皆が仲良くてまとまっているかわかる。

学校から帰る時、生徒さんが 「カラオケ行きましょうよ!」 と誘ってくれた。
ここのカラオケはスナックみたいな感じでお酒も飲める場所。
パラグアイではお酒は18歳から解禁。
高校3年生になると飲めるのだ。
親も、先生が一緒ならと安心して行かせる。
カラオケでは学校が終わっても先生と生徒が一緒に笑いながらお酒を飲んで歌って楽しむ。
そこには他のおじさん達もたっくさん。
ここでは全員が友達のように話しては遊ぶ。

先日連れていってもらったビリヤードも、見た目おじいさんの一世の方と、高校生、
パラグアイ人の20歳の人達が一緒になって、いつものように楽しんでいた。

そうやって、子供と大人が一緒に楽しむことが日々日常なので、
ここの子供達はしっかりしてて大人びているのだろう。


ss-DSCF8421.jpg


他国の日系人はスペイン語は話せても、日本語がカタコトになってしまっていることがほとんど。
世代交代で、だんだん日本語というものを忘れてしまっているのだ。

ここは、ネットで日本のテレビや情報をリアルタイムで見ることができるし、
何よりもまだ一世の方がたくさん残っているので日系3・4世といっても、完璧な日本語を話す。
日系人とわかってるはずなのに、いつ日本を出てパラグアイに移ったんですか?と聞きたくなるほど。
そこらへんの日本の若者よりも、ずっとまともな日本語を話す。
つい、私が「それ超面白い」とか言えば注意されそうなほど。

ここの人達は皆 スペイン語・日本語・グアラニー語(パラグアイ独自の言葉)の トリリングルなのだ。

他の日系人よりもパラグアイの日系人は、日本語がネイティブ並、かつ性格も素直なので
日本でも仕事が結構見つけ易く、重宝されるらしい。
パラグアイで仕事が少ないので、出稼ぎに出たまま帰ってこない人が増えているのも
現在の難しい問題ではあるが。。


話す言葉だけでなく、人の性格の中にも日本人らしさが濃く感じとれる。

話す言葉は同じでもやっぱり現地人だなと思うことはよくあるが、ここは違う。
日系人だけど、みんなが守ってきた日本がここにある。



旅をしていると、現地民よりも汚い格好をした日本人旅行者を見かけることがあるが、

イグアス移住地の人たちは、それを嫌う。

「何!あの格好、ジーパンびりびりじゃない!髪もぼっさぼさ!ちゃんと身なりくらい整えなさいよ!!」

「私たちは日本を守ってるの。守っていきたいのよ!」



むしろ、こっちの方が日本らしいとさえ感じてくる。


今、どんどん日系ベビー四世が生まれている。
これから、一世の方達が少なくなるとここはどうなるのだろうか。

他の移住地のように、日本らしさが薄れていくのだろうか。

そうさせない為に、ここの人たちはがんばっている。



いつまでもこのままで。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。