上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
salkantay 4th day

ss-DSC_0251.jpg

今日は8時に起きればいいのに、
7時にはテントの外で、久しぶりの低地の温かさを満喫。

というか、今日も暑すぎるくらいの天気。
昨日、今日は6時間歩きます!って言われてたけど、暑すぎるし土埃が舞うだけだって数人が
ガイドに言ったらしく、最後までがんばって歩く組・途中まで車のっちゃうレイジー組と二分した。

私らも、ここでは勿論レイジー組。
捻挫の足にとって、休息を堂々と取れるのは気が楽。

hidroelectrica 駅までの道のりを以外にも半分以上が車で移動。

そこで一時間半程、茶でもしばきながら歩いてくるグループを待つのだ。
午前の3時間歩かず車代たった150円払って楽をした。

そこからは線路沿いをスタンドバイミーして
アグアスカリエンテスに向かうのだ。

ss-DSC_0267xx.jpg

がんばって歩いた組と集合して、いざ線路沿いを歩きだす。
ここからは約3時間。

ss-DSC_0263.jpg

まるで森の中を歩いている様で心地いい。
木々が揺れる音、木漏れ日が最高。

ss-DSC_0305xx.jpg


アグアスカリエンテスに着けば、今日が皆で食べる最後の夕食。
なんだか、仲良くなって気軽に話せる友達になったら別れがやってくる。
寂しいがこれが旅。

明日も、皆は4時出発のマチュピチュまで2時間のトレッキングだけど、
私らはここはガイド無しでゆくりしたいのでマチュピチュでは
ガイドの説明なしのフリータイムを事前に希望していた。

私ら二人にとって、トレッキングは今日が最後。
グループで長時間行動するのも最後。

クスコに帰るまではまだ落ち着けないけど
なんとかほぼ無事に終わったので、やっとの安心。
二人とも、お疲れ様です。

皆で連絡先交換をして明日もよろしくね!!と言って
久しぶりのホテル泊を楽しむ。


私らはホテルとシャワーの興奮隠せず、おしゃべりは深夜まで。。



いよいよ明日はツアー最終日。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。