上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.31 終焉の地
Hunchaco

ss-DSC_1045.jpg

ペルーで過ごす最後の町、ワンチャコ。

大体の旅行者は、コロニアル漂う隣街トルヒージョに泊り、
少数がこっちに日帰りで海辺を歩きにくるくらい。

ワンチャコは灼熱でもなく、丁度いい気温。
半袖になって、風邪に吹かれて気持ちよく海辺を歩く。

ここでは、図書館だって波がザッパーンなった看板になる。

ss-DSC_0988.jpg

高地ばかりで過ごしたせいか、低地というだけで無条件に嬉しい。
正直、海はそんな綺麗でもないし、砂利が多いのでビーチという程でもない。
青空だって、私がいた時期が悪かったのか4日滞在して一回見たかどうか。
見えても、うっすい水色。いつも、大きな雲が一面に張っている。

そんなワンチャコは、サーフィンやマリンスポーツが盛んで、
世界のサーファーが一応集まってきては、大会が行われ、ペルー人のリゾート地。
ピンからキリまでのホテルが大量にあり食べ物は高いが、
ここでは本当に美味しいシーフードが食べれる。

海は前述の通り、綺麗ではないし寒くて泳げもできないが
着いてすぐ、ここが気にいってしまう。

ビザの関係で4泊しか滞在できないのが勿体ないくらい。。
眠るときは、部屋まで波の音が聞こえる。

ss-DSC_0920.jpg


クスコでアミーゴ達の出発を見送り、一人になったことから、
チナ(china)チニータ(china の可愛い版)攻撃が半端なく、実はちょっと疲れてた。

ワンチャコではそれがゼロとまではいかないけど、嫌な気分になる言い方される事が俄然減った。


今まで、すれ違いざまに小声でチナとかチニータとか言ってくる人が酷く多かった。
バイト先からホテルへの帰り途がたった5分でも多ければ7人くらいに言われた事もある。

テンションが高い日だと特に気にならないが、基本的にバイトとホテルの往復の時とかは
イラっとしたり、私の機嫌が悪い時に言ってきた奴は残念ながら自殺行為も甚だしい。

それが毎日3カ月くらい続いている身としては、最近は残念ながら言い返してしまう。。


いつも通り小声で言われると、
素早く2・3歩下がって立ち去りそうな相手に追いつき

「なーに?ボリビアーノ。私はハポンだけど、今なんでチナって言ったん??
あんたらの顔も私からすると全部一緒なんだけど、私は絶対ボリビアーノ!ペルアノ!って
小声で言ったりしないけど。あんたらのおかげでアタシ、怒っちゃったじゃないの!」

って、言ってしまう時はどうしても怒ってる時。。
相手がペルー人だって知ってるけど、わざと仲の悪い国とかそこらへんの他の国の名前を出して
お前らだって一緒だ!って相手をタジタジに追い込んで、フンって立ち去る事もあれば、

「なーに?クレイジーメーン。あたしゃハポンだけどねー」って言えば、
周りのペルー人も「そうなんだよ、こいつクレイジーメンなんだよ」あははー。
って笑ってバイバイする時はまだ元気な時。

乞食に横断歩道の向こうから「おいチナ!金くれよー」ってでっかい声で笑いながら言われて、
「チナじゃねーし!」って言い返した私はきっと最高に機嫌が悪かった時。

ss-DSC_0949.jpg

日本人、中国人、韓国人 それぞれ私達の中ではなんとなくお互いの違いがわかるけど、
やっぱどこ行っても、それ以外の人達には私達は、全て一緒に見えるのが事実。


何回言われても、はいはーいチナですよー!って言えなくなってきてた私がいたのですね。

ワンチャコで、ちょっと疲れてた自分に気付きました。

そしてもう一つ。
基本的に常に化粧はしてるけど、日焼け止めのみでスッピンに近い時こそ
チナの声かけ率が高い気がする。

つまり、私の素の顔はチナ風なんでしょう。
きっと、彼らがチナって言ってくるのも全て間違いではないんでしょう。

けど、逆に中国人もたくさん言われてる筈なんだけど
彼らはどう思うのだろうか。

まぁ、中国人のバックパッカーなんかほぼ見ないから
あんまり関係ないかもしれないが。


海を眺めながら、ふと考えてました。


そんな時、なんか知ってる顔を発見してしまいました。
二度見しても、それは知ってる顔でしかありませんでした。

ss-DSC_0954.jpg

アフリカで1カ月以上共に戦った戦士、ふくちゃんです。顔出ししちゃいます。
服装もアフリカの時と全く変わらず、髪も1mmも伸びて無さそうなくらい全く変わり映えが
なかったふくちゃんは、海辺をぷらぷら、ぷらぷらしてました。

全くルートが一般的でない二人、一番思っても無かった再会に
二人して 何してんの?! から会話が始まりました。
久しぶりにお腹がすくくらいしゃべりました。

そこからのワンチャコ生活は、ふくちゃんにお世話になり一緒に
トルヒージョに遊びに行ったり。

ss-DSC_0947.jpg


なんだか、ペルー最後の町がワンチャコで良かったなぁと
しみじみ思ったのでありました。

私には、ワンチャコに泊ってトルヒージョに遊びに行くのが丁度良かった。


ありがとう、ふく様。

長かった私のペルーの旅もこれでやっと終了。
次はエクアドルです。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。