上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
medellin

ss-DSC_1866.jpg


常春なメデジン。


外国人が住みやすい・住んでみたい街の一つとして人気のメデジン。


でも、メデジンと言えば、とりあえずメデジンカルテルだ。



ちょっと説明してみると、

メデジンカルテルとは、コロンビア最大の麻薬密売組織のこと。
その本部がメデジンにあった。

メデジンカルテルの最盛期は世界のコカイン市場を8割支配したと言われ、
創設者パブロ・エスコバルは、世界で7位の大富豪として雑誌に紹介された程。


エスコバルの命令で何百人と人が命を奪われているので、
「史上最も凶悪非情な野心に満ちた麻薬王の一人」として知られたが、
最終的に、コロンビアの治安部隊に殺害される。

そんなエスコバルも、貧しい家の出身だったからか貧困層の住宅の建設や、
サッカースタジアム建設などの慈善事業に熱心だった。
その為、一部の貧困層には英雄だった、というのも事実。

しかし実際、エスコバルが亡くなって10年にもならない。
気軽にエスコバルについて論議をしやすいわけでもない。
話したい時は周りの様子を確かめてから、だ。


そこで麻薬密売といえば、 Blow 。 

大学生の時に見た映画を思い出した。

ジョニーデップ演じるジョージ・ユングの半生を綴った映画だ。
エスコバルの友人であり、彼自身もコカインの密売人として世界でとっても有名。
メデジンカルテルの話ではないが、実際エスコバルも出てくるし、その世界に近いものがあるので
今コロンビアで見るべき映画。

データとしてBlow を持っていたのを思い出す。

思い出したので、見てみる。
見てみた。

麻薬密売システムとは、こういうもんなのかと多少勉強になったが、
残念ながらコロンビアにいる間、以外にもコカインの誘いを一度も受けることなく終わる。

言われても経験してみる気持ちは全く無いが、今までの町で色々なものの声かけはあったが
ここでは他のものも、とにかく何も。私だけなのかもしれないが、全く無い。

道端で声かけられる事さえ無いのがちょっと不思議なくらい。
数か月振りに、全く声かけられる事が無い。

安いと言われるので値段くらい知ってみたかったが、残念なものだ。

ss-DSC_1604.jpg


そういえば、ボリビア・ペルーはコカがとれ、コカ茶として飲み親しまれている。

頭が痛いと言えば、コカ茶飲みなさい。
二日酔いと言えば、コカ茶飲みなさい。
喉乾いたと言えば、コカ茶飲みなさい。

困った時のコカ頼みだ。
なんでも、とりあえずコカに頼む。

けど、そうやって出されたコカ茶は本当に美味しいのだ。


しかしコカの葉を精製すればコカインになるので、世界的に問題にもなっており
他の国に持ち込めない規則になってるが、コカの葉は昔から薬としても使われていたし、
レタスやそこらへんの野菜よりも、ずっと栄養価も高ければ、
聖なるコカとしてセレモニーの時に葉っぱが使われたりする程なのに。
コカの葉が取れる国の一般人からすると、とんだ迷惑だろう。
伝統的嗜好品なのに。
実際に私も、コカ茶ファンの一人。


ss-DSC_1597.jpg

まぁ、実際にコカの葉をそのまま口に入れ長時間噛み続けると多少覚醒するらしい。

炭鉱夫が仕事を始める際、コカの葉を口いっぱいに放り込んで挑む。
その理由は噛んだ時に葉から出たエキスで、事故に遭うかもしれないという恐怖心や
疲労感を薄れさせる為だったり、一度入鉱したら食事は帰るまで取れないらしいので、
空腹をごまかすためらしい。


ss-DSC_1683.jpg


コカではないが、実は日本の誰もが知っている有名なある場所では昔から麻の葉が
オフィシャルだけどひっそりと、あまりバレナイ様に奥の方に神聖なるものとして祀られている。

初期のコカコーラには、名前の由来のコカの麻薬成分が入っていて、
私らのおじいちゃん世代の人達は、試験勉強をコーラ片手に
多少ハイになりながらしたっていうのに。
祀るってだけでもひっそりとは、時代は変わったもんだ。




と、コカインの話ばかりしているが、

メデジンでは美術館や博物館、植物園に行ったり。


大きなシティなので、シティの遊びを楽しむ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。