上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.23 一日目に至る
久しぶりの飛行機。

ss-DSC_1158.jpg


南米に入った時以来なので、約10カ月振り。


飛行機のように、旅中は特に事前に決めておかないといけない予定は苦手部門。

日本にいた時、自分の知らない間に楽しいことがあったらイヤ!ずるい!とか言って、
一人で家にいるだけなのに、損するのが嫌という貧乏魂か、喜んで不眠症になっていた私。

旅中だって、予定を決め決めにしないからこそ、
そこらへんに転がってるステキを拾いたいだけ拾う。

だから、予定が決め決めで事前に購入する世界一周券みたいなのは私には到底無理。

だって、もし明日どこかへ移動する予定があったとしても
自分の滞在する小さな町にノラジョーンズがライブしに来るとかなんとかの
○ァッキンアメイジングな情報があれば、喜んでチケットを捨てる才能があるんだもの。

こんな自分も結構スキ。


だけど、今回はそんなことは言ってられない。

キューバの為に喜んで、四苦百苦。
私のMさ加減を発揮する。

飛行機のチケットを久しぶりに検索してみたが、さすがキューバ。
アメリカと仲悪いだけに、いつも使っていたアメリカ系航空券検索サイトが使えない。
他サイトで探すも、特に安くはない。  


ss-DSC_0687.jpg

各航空会社のオフィスや、旅行会社を攻めてみる。

私の場合、コロンビア発でキューバへ向かうにはキューバの国営クバーナ航空が一番安い。

先に言ってしまえばキューバに入ってわかったことだが、意外とキューバからユーロ圏へは
開けているのでKLM等の大手は勿論、エアベルリンの様なLCCも飛んでいた。

カナダのLCCウエストジェットもあり、
アメリカ系の飛行機がここ2年の間に飛ぶことになるニュースもネット上に。
他にも、思うよりも色々な航空会社がハバナに拘らなければ飛んでいるのだ。
カストロが弱って、政権がラウルになってからやはり資本を受け入れなくては生き残れん傾向だ。

まぁ、つまり自分がキューバの次にどこに飛ぶかという選択肢は、
意外とそんなに高値ではない値段の中で選べる。
しかも、首都ハバナでは航空会社がまとまって入ったビルがあるので、ほかの国と違い
オフィスが散らばってることもなく、その建物内で全部済む。なんて簡単。
といっても、その全てが一階建てビルで簡単に終わるのもまたキューバ。

ss-DSC_1315.jpg


さて、そんなコロンビアを出発したい私はネットで航空券を買おうと
カード握りしめ購入ボタンをクリックするも、私のクレジットカードは2枚ともハネられる始末。

oh my...

迷いに迷って、クバーナの事務所へ行くも手数料でネットよりも10ドル高く、
他の手段なんか無いし買う気で挑んだのに、たった10ドルになんだか納得できず、
負け犬の如くそのまま帰ったミジンコな私、1日目。

翌日、何があっても強い気持ちを押し通そうと挑みなおす2日目。
昨日私を対応してくれたお姉さんが出してきた値段は、昨日よりも安い。
入国と出国のチケット共に合わせても150ドル安い。
お姉さん「今日はセールなのよ!昨日はそういうの、言えないでしょ?」

ジーザス。

ネットで買えなくて良かった♪ 

ss-DSC_2509.jpg


キューバに行こうと決め、数か月。

やっとその時が。。と思うとドキドキというか、もう男子中学生状態かもしれない。
興奮しっぱなしです。

こんなに ここに行きたい! と思って行く場所は久しぶり。


旅をしてるからといって、全部が全部行きたくてたまらなかった場所というわけでもない。
だからこそ、期待してなかっただけに大好きになってしまうところもあるが、逆に期待外れ・・と
感じてしまったところもある。

けど、キューバはなぜかそうならない自信が。

まぁ勝手に期待して、勝手に期待外れと思ったその国からすると、とんだ迷惑な話だけど。

ss-DSC_1193.jpg


キューバに入れば、wifiを使おうと思えば4★以上のホテルへ行って、
1時間8ドルほど払わないとならんという情報があったから、

キューバについては医療から政治、カストロなんかはもちろん、
食生活や楽器、防災レベルまで調べた。

出発前は仕事のように、パソコンを手に
ガイド志望かといわんばかりの熱心さで攻め込んだ。

ss-DSC_1155.jpg


やっとの思いで到着したハバナ ホセ・マルティ国際空港。


記念の第一日目は空港泊。

なるべく寝心地の良さそうなベンチを探す。

飛行機で一緒だった男の子と、バックパックをそれぞれベンチにロックして、 眠った。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。