上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.10 mozanbique

モザンビーク。

まったく興味が無かったかもしれない国パート2です。

一人で回ってないとこういう予定外なのがあり、

これは二人以上で回ってる楽しさのひとつ。

美しい国、マラウィから来ると

緑が多いけど、凄い車窓が雑です笑。

国まるごと田舎?ってコメントを頂戴しました。



モザンビークっていうと、

南アフリカの右上にある国なので、

マラウィ北部にいた私たちからすると、

かーーなり巻き戻っちゃいます。


知ってる人からすると、

なんてルートの悪いことしてんの?

見たいな感じです。

絶対に笑。


タンザニア目指して北上してたのに、

もう少しでタンザニア着くマラウィ北部から、

がっつり戻ってます。


移動だけで3日ですから!

0泊3日とかしちゃいましたから!

夜行バスとか、バスが夜に到着したらバスで寝させて

もらいーの、国境で寝袋引いて寝させてもらいーの、

野宿にも慣れてきますから。

だって、アフリカでかすぎます。

どこ行っても車窓もあんま変わらないし。

土地、ありすぎますから。。。



今回のこの移動で、

水道で手が洗えるということ。

歯磨きできるということ。

シャワーがどんなに贅沢か、勉強しました。

ありがとうアフリカ。

3日ぶりのシャワーは髪から黒いのが溢れ出ました。





まぁ、なんでこんなのしちゃったかと言うと

トーフというダイビングが有名な町で、

ジンベイザメが見えるらしいんです。


ジンベイと一緒に泳げちゃうんです!


友人がダイバーなので、それを聞いて

行くしかない!ってなったので、シュノーケルできるし

私も行っちゃいました。



会えちゃいました!ジンベイ!


すっごい綺麗なの。

初シュノーケルがジンベイと泳ぐってハードル高すぎ

ですよね。

次回が心配なくらいなんですけど、

とりあえず経験させてもらいました。



しかも、アフリカの中で唯一ポルトガル語が公用語。

ほとんど英語が使えないのが久しぶりで、

イスラム文化も色濃いので結構面白い。

マラウィの次に好きです。

しかも2.

普通現地の人が一人で食べるご飯の量を

二人で分けて食べてたら、食べ終わりごろに

お皿を取られ、まだあったのにーって思ってると

ご飯山盛りで返してくれて、

え?!無料?!いいの?

ありがとーーーう。



バスが無くて宿がびっくりするくらい汚いので

野宿しようとしてたら、止まってたバスのドライバーが

心配だからバスの中で寝ていいから!

ありがとーーーーーう。



ここもかなりのあったかハート。

現地の人に心配される日本人です。




そしてマラウィに入ってまた同じルートで

タンザニアへ向かいます。

f:id:M0312:20100403195704j:image

↑ジンベイの写真を載せたかったけど、水中撮影のカメラを持ってなかったので、ボニータの写真。

ボニータは真ん中の黒いおばちゃん。かわいいでしょ?

ボニータってポルトガル語で「かわい娘ちゃん。」って意味なんだけど、いつも値切る際におばちゃんに私がおねだりするのに使ってた言葉なん。

まるのポル語レッスン:イケメンはボニート。

いつも一番安いところで買い物するけど、前に買ったところで初めは買おうと値段を一応聞くから同じ人とよく話すことになるし、まぁよく話したいんだけど、気がついたら、私と彼女のあだ名になってた笑。

二人で話してる時は、二人でボニータ言い合うので、どっちのことかわかりません。

私が前を通り過ぎる度に、ボニーター!!ってでっかい声で叫んでくるから、でかい声で呼び返して遊ぶんですけどね。

生まれて始めてのヒッチハイクは出発前の日本の徳島だったけど、その時は親指を出すのに抵抗があり、目で訴えてたら止まってくれたけど、モザンビークでは、ヒッチハイクに慣れて、帰りはヒッチで帰ろうーーって

普通に言い、普通に指を出しちゃう成長っぷり。

よっしゃ!止まった!みたいな感じで交渉行ったり。

前の仕事のせいか、生れ付きのとりあえずやってみろ精神か、お願いする事や、とりあえず言ってみる事をしてしまうのは良いのか悪いのか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sembo.blog137.fc2.com/tb.php/13-503da03b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。