上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑誌が大好きです。

ss-DSCF8230.jpg


仕事終わりに、ファミマに寄ってファミチキ買うついでに、
雑誌をかたっぱしから読んでから家に帰る。これ、ほぼ毎日のパターンでした。


待ち合わせ場所は、本屋さんとか、ビレッジバンガードが好きです。

時間になって、相手が来てるのを確認しても読み続けてみる。
時間を過ぎても勿論、本を読む連れに声をかけ、あ、やっぱ来てたよねーとか言ってみる。
集合して結局、30分以上たったくらい、お互い落ち着いたら店を出ちゃう。
こういうのを受け入れてくれる人が私のまわりの友達です。


旅していると、日本で毎号買ってたSPURが読めないのが残念です。

海外にいても、コレクション情報とかモデルスナップとか見たいし、
毎号VOGUEを買って読もうと旅に出た当初は思ってました。
実際、そんなにどこの国にもあるわけでもなかったし、
街角の洒落こんじゃってる、ねーちゃんを探してジロジロ見る方が面白いんじゃないかと
とまぁ、節約の道を選んだわけです。



そんな感じで、雑誌TRANSIT が大好きです。

どこでもコラボしたがるBEAMSとっていうのがちょっと残念だけど、
雑誌だけどTシャツまで出しちゃう、お洒落かつ写真もいい、リスペクトな雑誌。

最近は便利になったもんで、iPOD touch のアプリにあった TRANSIT アンデス特集。
アミーゴが持ってたのを見せてもらった。



ここで特集されていたのは  capilla del monte

訳して 山の礼拝堂。

ss-DSCF8215.jpg


アルゼンチンの第2の都市コルドバから、3時間程走ったとこにある小さな村。
ウィキペディアにも載ってないよ。


ここにはなんと!リトルグレイが頻発して降りてくるそうな!

アメリカはロズウェルが Unidentified Flying Object 訳して UFOスポット。
南米はここ、capilla del monte も まさに未確認飛行物体の休憩スポットらしい。




首都であり大都市ブエノスアイレスや、ワインで有名なメンドーサの特集じゃない。


こんな、ぶっ飛んだ村の特集しちゃうTRANSIT。

こういうの、私の大好物。


ボリビアから普通だったら、北上してペルー入りするところを
UFO見たい!ブエノスでH&Mに行きたい!ていうだけでアルゼンチンに再度行っちゃう。


どこ行くの?って聞かれるから、大都市サルタでcapilla del monte トークを持ち掛けても
ブエノスでブッ込んでも、ほぼバスのチケット屋くらいの少数しか知らない小さな村だった。


ボリビアのラパスから46時間移動の、3日間シャワー無しのドッロドロの私。
移動中にある、どこのwifiカフェでも繋がってくれない私のイカレPCに弄ばれながら
ブエノスから最後の移動、小さなバスに揺られ3時間。
バスで出された何でもない飴に癒され、ボリビアから来るとアルゼンチンの車窓は
ヨーロッパを想わせる。


昼前に着いて、ホテルにチェックインした後、
UFOにびびる前に、早速シエスタに完敗。

昼前の11:30~18:00までどこも、全店と言っても過言では無いほど閉まってる。
中には20:00まで開かない店も結構たくさん。

スーパーや、バスのチケット屋まで閉まってるって
どういう寂しさ味わわせてくれるんですか?


今までシエスタって言っても、12:00~14:00くらいまでしか堪能したことが無かったから
超スーペル長時間のミラクル移動の後、休憩もせずの散歩へ繰り出した元気な私でさえ、
即効カウンターきめられノックダウン、レフリーがカウント数え始めちゃってます。



まぁ、気を落ち着かして、ここにあるのはUFOがよく降りてくる山 cerro uritorco
やっぱ山の礼拝堂ってだけあって、この村の山には何かがある!!

そしてUFO博物館。


ツーリストインフォメーションで聞けば、山は12:00でゲートが閉まる。
博物館はまだ開いてる。というわけで、今日は山までの移動手段を確認しながらの博物館コース。


博物館!!
あったーーーー!!!
ss-DSCF8224.jpg


なぜ、誰もドア開けてくれない。。

結局閉まってるわけですか?
明日がお休みじゃなかったの?


このへんでいい加減、凹みに入って寂しさに連れてかれそうになったけど、
ホテルへの道すがら、疲れたからヒッチして乗ったトラックのおじいちゃんに癒される。

やっぱ人間っていいよね。
人間は人間が好きね。


そしてやっぱ、花より団子だよね。

明日の山に向けて、初一人トレッキングのデビュー戦に向けて
アルゼンチンの美味しい牛肉!チーズ!ビール!

ボリビアで4か月間毎日脅かされた、湯量少なめの、暖かいのか ぬるいのかわからんシャワー。
アルゼンチンでは、たっぷり湯量の暖かい日本並のシャワーに甘える。
明日に向けて12時前には就寝。


山は、朝9時のバスに乗らないといけない。
私なりの久し振りの早起き。

数か月ぶりの、焼きたてパンを買えるアルゼンチンという環境に喜びをひしひしと感じ
美味しく食べながら、バスで山の麓まで。


いざ山ガール!!

ss-DSCF8235xx.jpg

一応、入山する際に遭難したりした時様に受付で連絡先や身長体重など、用紙に記入して出発。
カウンターに売られてたUFOのDVDや本。

ちょっと、テンションあがっちゃうんだから。


山を登って、下ってくる往復。
凡そで言われた所要時間は7時間。


往復5時間で下ってこれた私は、宇宙人に会えなかったことが残念。
けどトレッキング慣れしてきた気もして、ちょっとだけご満悦。

ss-DSCF8249.jpg

バスで帰ってくる途中、個人でやってるUFO写真館を発見!!
ss-DSCF8256.jpg


やったーー!!

けど、やっぱりお休み。
capilla del monte  君はいつ開いてるの?君にとって、私、招かれざる客?


私にとって、capilla del monte はそこそこの試練を味わわせてくれる。

麻衣子のマは、麻薬のマ!でなくって
洗っても洗っても傷むどころか強くなる、リネンの麻だもの!
まけないわ!

ってことで、


バスで移動までの数時間、現地の人にUFOについて聞いてみたりする。


①いやーー、空に光が飛んでるのは見えるんだけどねーー。

②ないない!!

③え?やだー、見える人もいるんじゃない?



って感じの回答がほとんど。
そうですかーー。

しかも、国によって地方によって、スペイン語の特徴が多少あるんだけど
何が辛いってアルゼンチンのスペイン語は南米の中でもスピードが早い!
聞きなおしても、ゆっくり言って攻撃しても私にはなかなか伝わらない。。
スペイン語がいまだによくわからん、かつボリビアのゆっくりなスペイン語に慣れてた
私にとっては結構過酷です。。


トレッキング前に会った、山のガイドさんに聞いても
見たことなんかないですーー。
Never! nothing!



UFOって、きっと心の中にいるのね。
あなたの心の中。



ちょっと、この村は他に何もなさすぎるし
正直、ゆっくりする村でもないかな。

新婚旅行に旦那様にどうしても行きたい!って言われてもちょっと、必死にお断りしちゃう。


けど、本当、とりあえず来て良かった。
来なきゃわかんないもの。



そういえば日本で働いてた時、社内ではアドベンチャー部でした。
他の女子が4日間とか短い日数のアジアに添乗で行ってても、私は中米・南米の15日間とか。
いじめか?!って勘違いしてしまいそうなくらいの長期連続、初添乗から12日間とかだし、
入社当初、内勤の社員は7日間くらいのに行くのが普通って聞かされたけど、はて?
そりゃー、ハングリーに育つわけです。


ね?そんな部なんて本当は社内にそんなもん、存在してなかったけど
言いたくなるでしょ?
私、アドベンチャー部出身です!!って。

まぁ、物心ついたころから、私の気質がアドベンチャーまるだしだったのを
さすが上司は見抜いてただけたんだけど。





あと、海外のガイドブックの方が断然面白い。

写真は少ないからイメージ湧きづらいけど、載ってる情報や書いてることが面白い。
たとえば、日本人には超デンジャラスゾーンと思われているソマリアって国。
内のソマリランドとか行けるんだけど、「yes! you can go!」って書いてる。

世界中の旅行者が一番持ってるロンリープラネットには日本を紹介するのに、
観光するもよし、景色も見て来い、けどそれ以上に、日本のおもてなし精神を見て来い!
って書いてあるんだって。時間ができたら読んでみたいよね。

だから日本で一番売れてる how to walk 的な本は
地図とか移動は便利だから持ってるけど、危険情報ビッチリ!で参考にもなるかもだけど、
アテにならないし書いてる内容はおもしろくない。
それに載った所ばっか行くのは嫌なの。

皆と同じことをしたって面白くない。
それは、私にとってはただのツアー旅行なの。
そんなもん、物足りないの。
そこがつまんなくたって、自分のフィーリングや気持ちを大事にしたいの。
ちゃんと危険を感知はして行動はするけど、楽しそうなことに反応しちゃうアンテナは24時間働かせナイト。
指を空にかざして楽しい風が吹くいてきたら、飛び込まナイト。



って前置きが、いつもながらとっても長い私を、どうかここは皆様。。
温かいお心でお許しください。



ここにきて、改めて考える。

あなたは、どんな旅が好きですか??


うまく言えない。
けど、ただ簡単にシンプルにすることはできる。



わたし アベントゥレラ でいたいの。

やっぱ アドベンチャー 楽しいもの。


ただ、そんだけ。



お疲れ capilla del monte

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sembo.blog137.fc2.com/tb.php/66-676cd4f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。