上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.15 hasta luego

Lima

ss-DSC_0472.jpg
ナスカに向かったバスでの7回ボミッティングがトラウマになり、

チケット買う時、カウンターで「道またクネってるの?」「初めの20分だけよ」と無駄に確認してみる。
不安がる私らにわざわざGOOGLEアースで説明するスタッフ。
普段ならローカルから発されるこういうインフォは聞いといて信じないが、
今回ばかりは信じたくってしょうがないのよ。
ジーザス。


恐る恐る乗るってのはこういうこと。

Lima ゆかんことの二人旅の最終目的地。

クスコから始まった二人旅も、2週間足らずであっという間にお別れなのだ。

リマの次に行くのはlago69。
とっても綺麗らしい湖。
その地図がリマの ホテルサンフランシスコに書いてあるというから、
リマのホテルはここと決めてた。

リマに着くのが夜中0時、その日がゆかんことのラストナイトになる。
そんな夜に、部屋がもし満杯だったら?治安も良くないリマでそんな時間に宿探しは勘弁。

今思えば、人生で初めて宿を予約した。
スペイン語オンリーの従業員と電話で話すのも初めて。

タクシーも予約しとく?って言われて、予約しなくても絶対ターミナルにタクシーなんぞ
わんさかいる筈と思ったけど、これもなんとなしに予約。

ターミナルに着いた時、空港の到着ゲートみたいに
私らの名前が書かれた看板持った運ちゃんが!!

こんな超VIPなお迎え初めてで、空港じゃねーし、バスターミナルだしって、
二人とも思わず笑わずにおれず。

バスターミナルで看板持って、私を待っててくれる叔父様が現れることは、きっと今後ない。
イイ経験だ♪

ホテルに着くと、クスコで一緒にご飯作ったり、トレッキングしたり、レバー食べ過ぎ の
生活を共にした たまみん がいた。

ss-DSC_0485.jpg

久しぶりに会ったたまみんは、すっかりこんがり。
たまみんにも ゆかんこにも お互いの話しをしていたので、実際紹介できた事がなんだか嬉しい。

リマはたまみんに案内してもらい、中華街で餃子食べたり、捻挫の件で、病院に行ったり。
捻挫なのに治療費13000円は、リマよ、クレイジーすぎる。。


夕方に出発するゆかんこ。
日本へ帰るのだ。

なんだか最後の日も、あっという間で、送り出す側の私が
ゆかんこが乗ったタクシーを見送りながら感極まってしまう。
これじゃ、逆ウルルン滞在記だ。

ss-DSC_0460.jpg

出発前に撮ったゆかんこの写真を見ると、
クスコで再会した時よりも、なんだか女度が上がった気がする。。
最初から最後まで、いつもながら面白過ぎたゆかんこ。


きっと、また彼女に会えるのは1年後くらい。

もっと、話しとけばよかった。
もっと、ご飯作ってあげたりすれば良かった。

色々思ったけど、続きは帰国後。
こんな地球の果てまで会いに来てくれてありがとう。

gracias amiga


これからはまた、一人旅だ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sembo.blog137.fc2.com/tb.php/85-bd590686
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。