上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
guayaquil

ss-DSC_1137.jpg

あっついあっついクエンカから、もっと鬼あっついグアヤキルへ。
着いたのは丁度、グアヤキルの独立記念日。
人が盛りだくさん。


エクアドルは今までの南米の国の中で一番小さい国。
その為、大体の町から町までの移動が5時間という短さで済むので気楽だ。

そういえば、ペルーからエクアドルに入って何よりも変わった事は
車窓が 茶色 から 緑色 に変わった事だ。

乾いた山の景色から、潤った緑でいっぱいに。
車窓を眺めてるだけで楽しくてたまらない。

グアヤキルに来たのは、とりあえずイグアナ公園と動物園に行きたかった。
クスコで会った しんごさん と再会し、しばし共にした。

ss-CSC_1782.jpg

大量にいて気持ち悪いくらいだ と聞いていたけど、上見て歩いてたら
イグアナを蹴ったくらい、本当にわんさかいて、長くいると目に入るのも気持ち悪くなってくる。。

ss-CSC_1178xx.jpg

ガラパゴスゾウガメ を見れる動物園もあり、行ってみるけども
私にとってはゾウよりも豹や猿。そっちの方が魅力的。

動物園にしては、なんだか人間をリアルに見つめてくる動物たち。
顔を覗き込んできたり、人間が来たら形相変えて吠えだしたら止まらない。
いちいち反応してくれるとこに、素直な動物らしさを感じた。
動物園なんか楽しんだのはいつ振りだろうか。。



でも本当は何よりも、ガラパゴスはお金の問題で行けない代わりに、
鳥だけだが、ガラパゴスにいる珍しい鳥に出会える 激安な方の島へ行きたかった。

仕事してた時にパンフレットで見た、可愛くて仕方ない青足カツオドリが大量にいると知ったら、
行かずにはいられない。


puert lopez

ss-DSC_1231.jpg

プエルトロペス 小さな港町。
朝早くから港に行けば、勿論 市があり 朝食も美味しい魚が食べられる。

ss-DSC_1220.jpg

男たちの魚への真剣な眼差しはかっこいい。
お陰で金目鯛は美味しいユッケになりました。
骨はあら汁。


ここから日帰りで isla de la plata

ss-CSC_1775xx.jpg

ここに憧れの青足カツオドリ。
これでもかという程みれる。

赤足カツオドリ と ナスカブービー。時期が合えば、グンカンドリも。
なかなか鳥に関してはここはガラパゴス並み。

ガラパは行って無いからこんなもんだろうと想像だが、
これにクジラもボートから見れて、40ドルなら十分。


プエルトロペスから、皆がサーフィンに行く montanita へ行ってみる。
いかにも西洋人が好きそうな海岸沿いの町。

二人してなじめず、お茶だけして、あっついグアヤキルに戻って来た。



グアヤキルで 一番大きかった仕事。
メガネだ。

作ったメガネは made in Italy 45ドル。
目が悪すぎる為に出来上がったメガネは大変恐ろしいものになった。


ベルサーチに憧れたのか VERSOS と縁に掘られている。


これをなんとか油性ペンで消してしまわなければ。


動物なんか、あんまり好きじゃない筈だが、
なんだか久しぶりに観光を楽しんでいる。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sembo.blog137.fc2.com/tb.php/91-08134881
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。